2009年3月4日水曜日

ペダルかLowか。それが問題だ。

「第六の幸福をもたらす宿」という曲をやることになった。
この曲の第一楽章の冒頭、ホルンはヘ音で書いてある。

ベートーベンなどを吹くのとは違うので、普通に読むと3、4番ホルンの音はペダルCとなる。しかもff。

ところが、そんな低音を(しかも吹奏楽で)吹く意味ないんじゃないの、という意見もある。

この曲は中高生にも人気があり、コンクールで演奏したりすることもあるらしい。ただし、全曲ではないが。。。


元は映画音楽であり、管弦楽曲である。
それを吹奏楽用に編曲されたもの。果たして、件の音はバリチュー部隊とともにホルンが吹く音なのだろうか。

それとも、古典などと同じ(?)ように、1オクターブ上げて吹くべきなのだろうか?


特に3番ホルンは冒頭の低音と、その後HighFも吹かされるため、それなりに吹ける人を割り振らなければならない。

うちのパートは2名しかいないので毎回賛助を頼むのだが、今回はこの曲があるために、かなり吹ける人に出てもらうことにした。


どっちに転んでも大丈夫なメンバーになった。が、早いところ「どっち(の解釈)」にするのか決めなければ。

2 件のコメント:

GAMBA さんのコメント...

GAMBA@ちゃんと吹けるでしょうか? です。
もともとはオケの曲だったのですね・・・。先日CDを聴かせていただきましたが1,2番ホルンはsoli、soloが随所にあって、聴きながら思わず「お~、むっちゃかっちょえ~!!」って叫んじゃいました・・・(※方言です、お気になさらないよう・・・)
関係ないですが3月4日は誕生日でした。日付見てちょっとびっくり・・・(^^;)

みかねこ さんのコメント...

吹けますってば(^^;たぶん・・・
今のところ“ひどい人”的には「ペダルで」みたいです。一度やってみないとわからん、とも。。。
遅まきながら、「誕生日おめでとうございます!」(^^)/